本文へ移動
高槻マリアインマクラダ幼稚園
 
〒569-0077
大阪府高槻市野見町2-15
TEL 072-675-1278
FAX 072-675-1258
1
3
3
2
3
7
 
まりあっこたちの可愛い毎日を気まぐれにUP2つのハート
RSS(別ウィンドウで開きます) 

ぶどうの木

2021-03-31
主の平和



わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。
人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。

ヨハネによる福音書15章5節

この聖書の御言葉を胸に卒園児80名がマリア幼稚園を巣立っていきました。


運動会からひかりのこコンサートと年長さんのテーマとなっていた“つながり”は
子どもたちから出た言葉です。

ぶどうの枝は、ぶどうの木につながって豊かな実を結びます。
主イエス・キリストが、子どもたちのこれからの歩みを祝福してくださり、その交わ
りにおいて一人ひとりが豊かな実を結ぶように、と願っていてくださっていることと思います。
。子どもたち一人ひとりにとって、豊かな実りにつながりますように、祈り願っています。

ご卒園おめでとうございます。

チューリップがさきました!!

2021-03-23
昨年の11月にまんなか組さん小さい組さん、小さい小さい組さんが植えたチューリップが咲き始めました!

毎年、進級と新入園児さんを迎える時期に満開になるように植えていたチューリップですが、今年はいつもより一足はやい開花です!!

よく考えると昨年のチューリップは緊急事態宣言発令で休園していた間に咲いたため、みんな見れてなかったんですね。
みんなが見れるように早く咲いてくれたのだなと思いました。
青空に向かってすくすくと伸びるチューリップたち、また一つ大きくなる子どもたちを応援してくれているようです。

そして、玄関の花壇には昨年咲いたチューリップが再びつぼみをつけました。(みんなが見れなかったチューリップを花が終わった後、掘り起こして球根を乾かしていました)
大きい組さんがもって帰った球根と同じものです。
こうして命のつながりを自然から教えてもらえることに感謝したいなと思います。

ひかチャンにて昨年チューリップの球根を抜いた時の動画を再度UPいたしました。この球根が玄関に咲いているチューリップです!
大きい組さんも何人かお家で咲いたという声も聞きました。
懐かしく見ていただければと思います。

大きい組さんドッチボール大会!

2021-03-19
3月18日、大きい組さんのクラス対抗ドッジボール大会が行われました。天気にも恵まれ、曇りない青空の下で、元気いっぱいに真剣勝負を繰り広げました。
トーナメント戦の ドッジボール大会、くじ引きで決まった一回戦は、てんしvsテレジア、イエズスvsパリ ス、ヨゼフvsクラレ、ほしvsマリア。
それぞれ全力で、熱い戦いを見せてくれました。
勝 ち上がったのは、てんし、イエズス、クラレ、マリア。
子どもたちは自分で、トーナメン ト表の駒を進めます。
そして、てんしvsイエズス、クラレvsマリアの準決勝が始まりました。負けたチームは、自分たちの分も頑張れ!と応援していました。
接戦を制し、決勝戦 に勝ち進んだのは、てんしとクラレ。
まんなか組さん、ちいさい組さん、ちいさいちいさ い組さんも応援にきてくれました。
白熱の決勝戦、てんしvsクラレ。
勝ったのは......クラ レ!
優勝おめでとう!
負けてしまったクラスのお友だちも、みんな力をいっぱい使って頑張っていて、とっても かっこよかったです。悔しさを忘れずに、心も体も、もっともっと大きく、強くなって ね。
 最後には、表彰式も行われました。
優勝したクラレ組の子どもたちは年長を代表して シスターから朽ちない冠を頭にかけていただきました。

この朽ちない冠とは聖書(コリン トの信徒への手紙 9章24~27節)に出てくる言葉で、一人一人が神様から頂く目には見 えない冠のことです。
オリンピック選手やスポーツ選手は、優勝すると冠やメダルをいた だきます。
しかし朽ちない冠はそういった人間の世界の目に見える価値観での優勝ではな く、目標に向かって努力してきた過程や、その姿勢に対して、神様が与えて下さる冠なの です。 
もうすぐ小学校に旅立っていく子どもたち。神様からの「朽ちない冠」を胸に、心も体も 大きく成長して欲しいと願っています。
 


ひかりのこコンサート

2021-03-19
3/16(火) ひかりのこコンサートのZOOM配信がありました。
ZOOMにご参加くださった保護者の皆様ありがとうございました。

今回はコロナ感染対策をとりながらのコンサート。
こどもたち同士、距離をとっての合唱や合奏のため事前収録したものを当日配信させていただきましたが・・
一部、生中継していたのを気付いてくださいましたでしょうか??
ゆずの「うたエール」に合わせて、芝生に集まってきた子どもたちのサビ ”らら~ら~ら”の合唱部分です。
YouTube動画では録画したものを編集していますが、当日は生中継でした!

ZOOMに声が入らないように静かに集まって~
ワン・ツー・スリーで画面が切り替わって~

子どもたちのあの笑顔です。



今年はコロナ禍で新しい行事の形を模索しながらの日々の中、どうしてもオンラインに頼るしかないという決断をしたとき(クリスマス会、参観なども)一番の心配は子どもたちにオンラインが理解できるのか?無観客で力が出せるのか?そして保護者の方々に子どもたちの姿を届けられるのか?でした。

特にコンサートは事前収録のため時差もあり心配していましたが、いざ練習が始まると、子どもたちはいたって ”普通”で、でも一人一人が状況をしっかり理解して、そこに立っていることがよくわかりました。
オンラインもオフラインも子どもたちには関係なく、”今”に一生懸命に力を出せるんですね!

思っていた以上に子どもたちはよくわかっており、わきまえてコンサートまでを過ごしていた印象ですが、
子どもたちのその姿の源になっているものは何かな?と考えると、やはり、保護者の皆様の応援や励ましがあり、離れていても見てくれているという信頼があるからだと思いました。
だから、収録日が今までで一番いい音で上手に合唱、演奏でき、そして生中継が一番嬉しそうでした!
子どもたちはカメラの向こうにしっかりと保護者の方々を見ていました!!

ZOOM配信は画面越しの電波でのつながりですが、それだけではない、子どもたちとおうちの方々の、確かな気持ちのつながりを感じたコンサートでした。

ネット環境によっては見えにくかったり、画面が固まってしまったところもあったかと思いますが、保護者の皆様も子どもたちの思いを受け取って下さり、たくさんの方が素敵なコンサートでしたとお声をかけて下さって本当に感謝ばかりです。
ありがとうございました。

大きい組さん自由登園

2021-03-05
今日は大きい組さんのお別れ遠足の予定でしたが、、、雨が降ってしまいました。。。

そこで、大きい組さんだけの幼稚園自由登園日として一日過ごしました。
いつもお手伝いや小さいお友だちのお世話に、自分のやらなきゃいけないことい~っぱいの大きい組さんですが、今日は広々したお部屋でゆったり。
お仕事や、卒園制作、先生が用意してくれた工作などを楽しんでいました。

お昼は持ってきたシートを部屋に敷いて遠足気分でお弁当!
その後2クラスずつ講堂に出掛けドッチボール大会!!
やはり最終月ということもあり、投げるボールの強さと逃げ方が上手なことに驚きました!

部屋での過ごし方や、お話の聞き方、頑張るときの力の出し方など、、、今日は普段よりもさらに子どもたちがお兄さんお姉さんに感じました!!

「やまのえんそくにはいけなかったけど、ようちえんのえんそくたのしかった~!!」と子どもたち。

子どもたちにとっても先生たちにとっても楽しい特別な一日になりました。

雨の中送り迎えしてくださりありがとうございました。
TOPへ戻る