本文へ移動
高槻マリアインマクラダ幼稚園
 
〒569-0077
大阪府高槻市野見町2-15
TEL 072-668-3039
 FAX 072-668-3029
1
9
8
3
5
0
 
まりあっこたちの可愛い毎日を気まぐれにUP2つのハート
RSS(別ウィンドウで開きます) 

お泊り保育新聞 マリア・テレジア・クラレ・パリス

2021-10-19
マリアぐみ
テレジアぐみ
クラレぐみ
パリス
【マリアぐみ】
みんなで楽しかったことを書こう!と始まりました。初めはなかなか、進まず紙を前に相談する日が続きました。書きたいことが決まると、思い思いに書き始め、あっという間に出来上がり、本当に楽しそうに書いていました。出来た新聞を壁に張り出すと、みんなでじーっと眺め、「いいのができたな〜」と味わっている子どもたちでした。


【テレジアぐみ】
おとまりほいく総括リーダーが中心となって各々が何を書くか相談しました。「わたし、〇〇をかくね!」「ぼくは〇〇!」「まだかきたいことがあった!」と言って、思い出して再び書く子どももいて2週間かけて書き上げました。時に思いがぶつかり合いもめてしまうこともありましたが、子どもたちの思いがたくさん詰まった新聞となりました。


【クラレぐみ】
まずは、下敷き用の新聞紙を繋げるところから始まりました。そしてみんなで話し合い、それぞれの担当場所を決めて、楽しかったことや思い出に残っていることを書いていました。
2日目の朝に、お友だちが見つけたセミの幼虫が羽化するところをみんなで見られたのですが、そのことは絶対書きたい!と強い気持ちがありました。


【パリスぐみ】
パリス組新聞は、各リーダーからの一言コメントを書くことにしました。リーダーの役が当たらなかった人も朝のお祈り等をしてくれたので、そのお祈りの内容を書いてくれました。それぞれにその時に起こった事件や、感想を書いていて、小さい人たちにもお泊まり保育の様子がよく伝わったようで、発表をじっと聞いていました。

10月18日(月) おいもほり パリス イエズス

2021-10-18
パリス組さんとイエズス組さん、今日の日を楽しみにしていました!!
昨日の朝に雨が降っていたためどうだろ?と心配していましたが、土も程よく乾き、柔らかくなってとても掘りやすかったです。
今日はおいもほり最終日だったため今までの掘り残しをぜーんぶ掘ってもらいました!
少し肌寒い日でしたがみんな汗ばむくらい頑張ってくれました。

10月15日(金)おいもほり クラレ てんし

2021-10-15
今日はクラレ、てんし組のお芋ほりでした。
今日の子どもたちはとても集中して掘っていました。
面白いことにお芋ほりに行くたびに掘るお芋の量が増えていっています。
なぜかな?と考えたところ、他のクラスが掘って帰ってきているのを毎回見ていて、早くおいもほりしたい!と言っていた子どもたち。
今日はやる気満々で来たんだろうなと思いました。
月曜日はパリス組さんとイエズス組さん!!
延期になった分、きっと力をためていてたくさん掘ってくれることと思います。
パリス組さん、イエズス組さん月曜日、楽しみにしていてね!おいもた~くさん掘ってね!!

10/14(木)おいもほり テレジア ほし

2021-10-14
今日は、テレジア、ほしぐみさんのお芋ほり。
大きい組さん、まんなか組さん、小さい組さんや小さい小さい組さんと3人組になって協力しながらお芋ほりをしました。「ほら!おいもがでてきたからひっぱって!」と大きい組さんがリーダーになって掘り進めていく姿に頼もしいな~と思いました。
おとといの雨によって土も少し柔らかくたくさんのお芋が掘れました!!

ウルトラマンダイナが幼稚園に?!

2021-10-12
本日幼稚園につるの剛士さんが遊びに来てくれました。
つるの剛士さんは高槻出身で本園卒園児であり、自身の育った場所を撮影するため高槻に来られていたそうです。

園周辺を懐かしそうに見て回られていたところをこちらからお声を掛け園内に入っていただきました。
子どもたちは最初「だれかな~?」という感じでしたが、「マリア幼稚園のお兄さんだったんだよ!ウルトラマンのお兄さんさんなんだよ!」と伝えるとパッと目が輝きみんな駆け寄って、嬉しそうに挨拶したりプレゼントを(園庭の花や三つ編み、指輪など)していました。

以前、コンサートに行かせていただいたときに、幼稚園の七夕でのお話をされ、短冊に”ウルトラマンになりたい”と書かれたそうで、”本当に夢が叶いました”とおっしゃっていました。そして、なんと現在は保育資格を取るためにお勉強をされているそうで、さらになんと明日から教育実習に行かれるそうです。
ウルトラマンという夢を叶えられたお話、そして現在お勉強を頑張っているお話を子どもたちに伝え、みんなで「頑張ってください!!」と声を掛けさせて頂きました。

卒園児であり、ウルトラマンのお兄さんのつるの剛士さんの姿は子どもたちの力になったのではないかなと思います。
子どもたちが、「ウルトラマンがきたんだよ!」と話していたり、「ウルトラマンってほんとうにいたんだね」と話していたのがかわいかったです。

園を懐かしみ訪れて下さったことに感謝です。


TOPへ戻る